年齢と髪の伸びる速さの関係は?

年齢と髪の伸びる速さの関係は?

年齢と髪の伸びる速さは関係があるのでしょうか?

 

年齢と髪の伸びる速さの関係は?

 

年齢と髪の伸びる速さの関係

 

年齢とともに、頭皮にも栄養分がいきわたる量も減ってきます。すると、頭皮に栄養分がいかないので生えてくる髪のスピードも遅くなるものと考えられます。ストレスや年を取ることで、白髪になるのは
色素が供給されなくなるからと言われていますので、新陳代謝の活発な20代までは髪の毛も伸びるのが早いかもしれませんが、30代,40代と新陳代謝が落ちてくると、肌が老化していくように、髪の毛も伸びにくくなったり、パサついて来たりすることも多いです。
しかし、その新陳代謝の衰えをシャンプーや化粧品などで補充することは可能です。

 

年齢とともに落ちてくる機能は、外部から補強することで、より健康な状態へ近づけることはできます。
年齢だからとあきらめずに、年齢を経たからこそ、今まで以上に、食生活や生活習慣にも気を付けることで
衰えを防ぐこともできます。

 

年齢と髪の伸びる速さの関係は?

 

 

 

一日に伸びる髪の長さは0.3~0.4mm

 

一般的に髪の毛が一日に伸びる長さは0.3~0.4mmとなっています。年をとるとこの長さが少しずつ短くなっていくわけですね。でも、頭皮環境によっては、一日で0.3~0.4mm伸ばすことも可能です。
栄養分をしっかり補って、頭皮マッサージなどを行い、睡眠もしっかりとりましょう。
若いころは無理をしても、それほど影響はなかったかもしれませんが、年齢を経ることにより、それなりのケアをして若いころと同等のコンディションがキープできるようになるのではないでしょうか。
足りないと感じる部分は外部から補うようにしましょう。

 

年齢と髪の伸びる速さの関係は?

 

 

今の髪形を楽しむ

 

早く髪の毛を伸ばしたいというのには理由があると思いますが、今の髪形を楽しむというのもいいです。
薄毛の場合などですと髪の毛が生えてくるのを心待ちにしている場合も多いかと思いますが、毛の生え変わるサイクルというものも存在します。

 

成長期・退行期・休止期のサイクルで髪の毛も生まれ変わっていますが、この期間は3~8年くらいのサイクルで起こっているもので個人差があります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

髪の毛が伸びるスピードは年齢によって変わるのかについて調べていきました。
年齢を減ると、新陳代謝が衰えてきますので、20代の頃と比べると髪の毛の伸びるスピードが遅くなったと感じることもあったり、抜け毛などのあとになかなか髪が生えてこないということもあるかもしれません。

 

それでもあきらめずに適切なケアを続けていくことで、髪は生えてくることも多いですので
年齢だからとあきらめずにケアをしていきましょう。

 

年齢と髪の伸びる速さの関係は?

 

トップページへ