まつ毛・眉毛を早く伸ばす方法

髪の毛をキレイに伸ばすには?3つの秘訣を紹介します!

髪の毛を奇麗に伸ばすにはどのようなことが必要になってくるでしょうか。3つの秘訣を紹介します!

 

髪の毛をキレイに伸ばすには?これだけは守ろう!

 

髪の毛を奇麗に伸ばすには、髪を傷めないようにすること

 

髪の毛を奇麗に伸ばすためには、髪の毛を出来るだけ傷めないで伸ばすことが必要になります。髪のダメージの一番の原因は乾燥になります。冬の時期などですと、エアコンによる乾燥や、夏の時期や冬場でも紫外線による日焼けによるダメージであったり、ドライヤーの熱で髪の毛が痛んだり、カラーリングやパーマでも髪は痛みます。それらのダメージを受けた髪をブラッシングすることで、キレ毛や枝毛になったりします。
髪が乾燥すると、髪のキューティクルが開くので、髪の中の栄養素が出て行ってしまいます。その結果髪が痛むことになります。

 

 

 

髪を伸ばすときには2か月に一度ほど美容院に行ってカットしよう。

 

髪の乾燥などで髪が痛んで、枝毛やキレ毛になっている場合には、そこから髪が伸びないということになりますので、枝毛やキレ毛をケアするためにも、伸ばしている間にも2か月に1回は美容院に行って、髪の毛先をカットしてもらうといいでしょう。髪を伸ばしている間は、パーマやカラーリングなどは痛む原因となりますので、避けた方がいいでしょう。

 

髪の毛をキレイに伸ばすには?これだけは守ろう!

 

ドライヤーは熱風を当てすぎない

 

ドライヤーやヘアアイロンで髪をアレンジしている場合は、少し控えるのもいいでしょう。ドライヤーを使うときには少し離して熱風を長時間あてないようにするといいでしょう。ヘアアイロンなども高熱で髪を傷めますので伸ばしている最中には避けた方がいいかもしれません。ドライヤーを当てるときには、しっかりタオルドライを行ってドライヤーを当てる時間を短くすると、いいでしょう。髪の毛を濡れたままにしておくと、キューティクルがはがれやすくなり、髪が痛む原因になりますので、気を付けてください。ドライヤーヘアアイロンで傷んだ髪は定期的にカットして健康な髪が伸びてくるようにメンテナンスしましょう。

 

髪の毛をキレイに伸ばすには?これだけは守ろう!

 

 

髪の毛をキレイに伸ばす方法のまとめ

 

髪を伸ばしている最中であっても、カラーやパーマなどのアレンジを楽しみたいという場合もあるかと思います。そんなときには、頻繁にカラーリングを行うのではなく、毛の根元のみをカラーリングするなど工夫するといいでしょう。カラーやパーマの頻度が増えると毛も傷みやすくなりますので、トリートメントなどのケアも一緒に行っていくといいでしょう。食生活を気を付けたり、睡眠をしっかりとったり、ストレスを溜めない、お酒やたばこを控えることも必要になってきます。

 

トップページへ