髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点【要チェック】

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点 【要チェック】

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときにはどんなことに注意するといいのでしょうか。

 

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点【要チェック】

 

 

まずはボブくらいまで伸ばす。

 

髪の毛をショートカットからロングに伸ばしたい場合には、目安としては、ボブカットになるくらいまでは定期的に美容院に出向いてカットするといいのではないでしょうか。ショートヘアーをそのまま伸ばしていくと、段が入っていたりするとおかしな髪型になることがあります。美容院で伸ばしていることを伝えて、段を少しずつ取っていくような形で、ボブカットまでまず伸ばすといいでしょう。ショートカットから伸ばす場合には、襟足の部分を少しずつカットしてもらうような形で伸ばしていくと、最終的にボブカットに近づいていきます。
段が多く入っていると伸びたときにも長さがばらばらになっていますので、毛先をケアする意味でも、美容院に行って揃えていってもらうといいのではないでしょうか。

 

ボブからロングまでの道のり

 

ボブからロングまで伸ばすときには、肩につくくらいの長さになると外側にはねることがあります。カットによって内巻きになるようにすることも出来る様子ですが、物理的には肩につくと跳ねます。そんなときにはプロの方は、毛先にパーマをかけることをお勧めしている様子です。
毛先にパーマをかけることで、まとまりが出来て外側にはねにくくなり、スタイリングがしやすくなるということでした。全体にパーマをかけると髪の毛が痛む原因にもなりますが、毛先であれば、傷んでいたらカットすることも出来ますし、伸ばしかけの髪でのアレンジも楽しめます。髪のケアは行っていくことが必要になるので、ヘッドスパをしたり、髪のトリートメントをしたりショートのとき以上に髪のケアをしっかり行う必要があります。外に出るときには、日傘をさしたり、帽子をかぶったりして、紫外線から守る工夫もするといいでしょう。枝毛やキレ毛をケアするためにも、美容院でカットしてもらうといいでしょう。

 

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点【要チェック】

 

 

 

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点のまとめ

 

さらさらのロングヘアーは憧れでもありますが、髪の毛を乾かすことやケアの大変さを考えると髪を伸ばすことをためらってしまいます。ショートから髪を伸ばしたい方はまずは、顎のラインほどのボブを目指して髪を伸ばすようにすると良いということでした。髪を伸ばす途中であっても、アレンジなどで髪型を楽しむことができるといいですね。ブラッシングやシャンプーなどにも気を付けて日ごろからケアしていきたいものです。

 

髪の毛をショートカットからロングに伸ばすときの注意点【要チェック】

 

トップページへ